2017年2月9日木曜日

2017 劇団通信1月号

私の友人田中正彦氏が自らのT-プロジェクトで企画、制作、主演した「クリスマス・キャロル」。昨年の暮れ六本木の俳優座劇場で12日間上演した。この作品はかつて劇団昴が、毎年暮れに上演していた演目だったが諸々の事情でいつの間にかやらなくなっていた。

田中氏は私が昴に在籍していた頃の友人で昴の公演でも「クリスマス・キャロル」に一度主演もし、愛着もあったらしく今回は昴の演出家菊池准氏と組んで立派に自主公演を成功させた。

この「クリスマス・キャロル」には2人の男の子が出てくるが、「大きな夢」の子を使いたいと言ってきたので、候補者を数人集めてオーディションをしてもらい2人が選ばれた。しかし外れた小学生を勉強のためにアンサンブルとして使ってもらえないかと頼み、それならついでに女の子もほしいということになった。


いくら勉強のためだと言っても大人の芝居だから稽古にもしっかり通わなければならず、稽古場への交通費や時間のことも考えてB-プロ所属であまり舞台経験がなく、稽古場にも距離的に近い子を優先的に選び、自主的に申し出た子も含めて結局はダブルキャストで計8人出演することになった。

ところが稽古を重ねる内にアンサンブルの子たちにもセリフが与えられ、その上歌やダンスのシーンを盛り上げて思いのほかの大活躍、中でもティム役の下之園嵐史の可愛らしさがひと際輝いていた。

私はこの芝居ダブルだから2回は観るつもりでいたが、25日の千秋楽と前日のクリスマスイブにも観劇、他所の舞台としては珍しく4回も観てしまった。すっかりクリスマス・キャロルにはまった形になったが、この芝居のお陰で私はこれまでにない程どっぷりとクリスマスの雰囲気を味わうことが出来た。