2018年2月15日木曜日

2018 劇団通信1・2月号

書物によって人は学び、影響され、生き方の指針にもなります。

最近読んだ「サピエンス全史」上、下巻(ユヴァル・ノア・ハラリ著 柴田裕之訳)はこれまでの私の考え方を大きく揺るがすような衝撃の一冊になりました。

先ず著者のとてつもなく幅広く深い知識、分析力や考え方に感心し、難しくて私にはついていけないような箇所も多々あったものの、「人類史の常識をくつがえす」と言われているようにあらゆるジャンルから切り込んできて、現代人の生き方はこのままでいいのかと鋭く迫られているような驚愕の本です。

読後改めて開くことも多く、確かめながら更に熟読したり、いつでも読み返せるように手元に置いておく貴重な一冊になりました。  例えば誰にもわかりやすく興味を引くベージがあります。

「豊かな現代社会では、毎日シャワーを浴びて衣服を着替えることが慣習となっている。だが、中世の農民たちは、何ヶ月にもわたって身体を洗わずに済ませていたし、衣服を着替えることもほとんどなかった。身体の芯まで汚れて悪臭の漂うそうした生活を想像するだけで、私たちは吐き気を催す。だが、彼らは気にも留めなかったらしい。長い間洗っていない衣服の感触や臭いに慣れていた。(中略) 考えてみれば、これは少しも不思議なことではない。何しろ私たちの類縁であるチンバンジーも滅多に身体を洗わず、決して服を着替えない。また私たちも、ペットの犬や猫が毎日シャワーを浴びず、毛皮を取り替えないからといって、嫌悪感を抱いたりはしない。それどころか、そうしたペットを撫でたり、抱きしめたりもすれば、彼らにキスしたりもする」

このような内容一つとっても色々感じることはあるのではないでしょうか。






2017 劇団通信12月号

「自前の劇場」を持ちたい。以前から描いていた夢がただ描いているだけで実現に向けて何も努力してこなかったことに今頃になって気がつきました。

ただ漠然と劇団に専用の劇場があったらどんなにいいだろうと考えていただけでしたが、それでも各地の「子どもミュージカル」が夏休みに上京して何日間か交代で上演できるような劇場があったらとか、「大きな夢」のレパートリー作品を毎日上演し、子どもたちがメインのミュージカル劇場として他に類を見ない活動ができたらとか、各地から上演のために集まってくる劇団員のための宿泊設備や、父母会の人たちが運営するレストランやカフェもあったらなど、私の中で夢だけは広がっておりました。

しかしそれはただの夢でしかなく実現に向けての具体案もなくいつの間にか時間が過ぎてしまっていました。そうだったのか! でもまだ私に与えられた時間は充分にある! 75歳になったとたん急に思い始めなんとか実現に向けて一歩でも踏み出そうと心の虫が騒ぎ始めました。

どうしたらいいのか、もちろん私一人では何もできない。劇団の父母会の中には色々知恵を貸してくださる方もきっといらっしゃるに違いない ! そうだ、みなさんの協力を仰ごう !  

矢も盾もたまらぬ高揚感が漲ってきました。スタート地点はゼロです。ここから一歩でも踏み出してみよう。一歩進んで見ればこれまで見えなかった新しい発見やアイディアが出てくるかもしれない。先ず劇団BDP専用劇場実現プロジェクトを作り、参加してくださる方を募ってみよう。最初は夢を語る仲間という感じで思い思いの意見を出し合っていただき、楽しい語らいの中から実現に向けてのアイディアとエナジーが生まれる可能性もあります。

誇大妄想と思われるかもしれませんが、劇団組織としての大きな誇大妄想がやがて専用劇場建設へと繋がっていくことを信じたいのです。




2017 劇団通信11月号

新百合子どもミュージカルの劇団員の植田温子は以前にも紹介しましたが今年の夏の高校野球東京大会の開会式で君が代を独唱しました。新聞にも写真入りで取り上げられましたが、その中に彼女は幼い頃から牛に向かって歌っていたという記事がありました。

実家が北海道の紋別で牧場を営んでいるので、10月8日の稲城KMの女満別大空町公演の後レンタカーで紋別の実家まで行って来ました。ご両親の案内で生まれたての子牛から分娩前の雌牛まで400頭の牛をじっくり見せてもらいました。成る程こんなにかわいい子牛の前で歌っていたのかと温子の幼少の頃を勝手に想像していましたが、ふと彼女は一体どうしてこんな紋別の片田舎から札幌の子どもミューシカルまで通っていたのかと不思議な気がしてきました。

植田温子は小4の時に札幌KMに入りましたが、紋別からバスで片道4時間かけて札幌まで毎週通い続けていました。従姉妹が札幌KMにいたので稽古前日の夜は泊まり、翌日稽古が終わるとまた4時間バスに揺られて帰るという並の人間にはできないことをやっていたのです。

小学生を一人で4時間かけて札幌まで行かせるご両親の寛容さにも脱帽ですが、更に中学を卒業して東京の国立音大付属高校に入学した彼女の一人暮らしを心配しながらも応援している親御さんの心意気にも感心してしまいました。

彼女は上京するとすぐに新百合KMに移籍し親代わりと称する父母会の方達の庇護のもとで勉学に励んでいます。日本の最果てに近い紋別で牛を相手に歌っていた少女が東京の神宮球場で15,000人の観衆が見守る中、君が代をアカペラで高らかに歌ったあの光景はいつまでも私の脳裏に焼き付いています。




2017年9月28日木曜日

2017 劇団通信10月号

一つのことを続けることの大切さを機会あるごとに子ども達に言って聞かせています。

しかしこれほど難しいものはありません。一年や二年で終わることではなく二十年三十年、いやもしかしたら一生続けていく。そうなればもうプロ中のプロ、他の追随を許さない大専門家の位置に到達しているのです。

人として生まれてきたからには誰もが自分が生きてきた証となるようなしっかりした人生を送りたいと思います。そのためには何か一つでいいから続けていきたいと思うでしょう。商売にしても、芸術にしても、職人さんのような腕を磨くことは一生を通して出来ることです。本気で立ち向かう気さえあれば出来ないことではありません。

ひたすら一つのことに打ち込むこと、聞こえはいいけど生易しいことではありません。何度も挫折を繰り返し、自分の能力を疑い、打ちひしがれながらも又立ち上がり、光の見えない長いトンネルを歩いて行くようなものです。

自分に与えられた人生は自分だけのものです。他人との比較ではなく自分にしかできない素晴らしい能力をそれぞれ一人ひとりみんなが持っていることを知るべきです。その能力や才能は一生かかって磨いていくもので例え結果がどうであろうとも続けていくことに意義があります。

それが人生であり、この歳になって最近つくづく思うようになってきました。私は小学五年生の時にこの業界に足を突っ込み今なお続けている奇特な人間ですが、それでも毎日これでもかこれでもかと磨かせられている試練の人生です。




2017年9月11日月曜日

2017 劇団通信9月号

ミュージカルの主役は歌えることが第一ですが、それと同じくらい演技力が必要とされます。いくら歌が歌えても表現力がなければ務まりませんが、歌って演技し、 更に踊れるというのは持って生まれた才能に頼るところが大きいのです。

しかも主役を張るというのは観客を魅 了するような華がなくてはなりません。児 童 劇 団「大 き な 夢」の 場 合 は プロ 集 団 ではないので、そこまで厳しくキャスティン グに反映させられる訳ではありませんが、 やはり歌えるというのが第一条件で、その 上で演技力がある子たちをメインにする ようにしています。

各地の「子どもミュージカル」では約半年をかけて稽古をし本番を迎えるのですが、一週間に一度しかない稽古で最も時間を要しているのは振付です。これも毎週ではなく通常月2回程度のローテーションで回していますが、作品として成り立つようにするには絶対的に時間が足りません。しかも踊れる子とそうでない子がいる中でまとめていくのは並大抵なことでは ありません。

大劇団を始めミュージカルを行うよう なカンパニーはどこでも振付に最も時間 をかけているようです。ですから演技的な面にまで行き届かないまま本番を迎えてしまうケースが多く、我が児童劇団でも同じような現象が起こっていることに歯がゆい思いをしています。

 ミュージカルをやる以上仕方のないことだと諦めるしかありませんが、それにしては子ども達は本当によくやってくれて います。私の杞憂などそっちのけ、お客様のアンケートはほとんど賛辞の山で埋め 尽くされており、クオリティーの高さを求め過ぎないでお客様の反応を素直に喜び、明日の活力に変えていく私の心の切り替えが必要だと言い聞かせています 。


2017 劇団通信8月号

劇団四季の「キャッツ」の会場に入ると猫目線で作られた大きなゴミ捨て場に驚きます。その舞台セットを作ったのが土屋茂昭さんです。各地で上演されるたびに約4千点のゴミが蓄積されたそうで、現在ではアートと言える程のリアルな造形、質感を持った一点ものに変わっているということです。

土屋茂昭さんは劇団四季だけでなく日本の舞台美術の第1人者として活躍なさっていますが、BDPでも「ピエロ人形の詩」「魔女バンバ」「姫神楽」「緑の村の物語」「森のプリンス」の舞台セットでもお世話になっています。先日俳優座で上演した「Grow me up」も土屋さんのデザインです。その仕込みの時の空き時間の雑談で土屋さんが舞台美術家になった経緯を聞くことができました。何と運のいい人だと感心してしまいました。

20代のフリーターだった頃、新宿のアートシアータに見学に行ったらたまたま舞台稽古中の舞台美術家の金森馨氏と出会い、それがきっかけで劇団四季に入ることになり、金森氏のアシスタントを8年間務めていたが、その師匠が急逝してしまい、劇団四季の舞台美術に大きな穴が開いてしまった。2人いた先輩も何本かの作品を手がけては去っていき、結局土屋さんだけが残って急遽ピンチヒッターとしてキャッツの日本版の装置デザインを任されることになったというのです。運命の不思議さを感じずにはいられません。

師匠の金森氏に偶然出会ったこと、そしてその師匠が亡くなり先輩もいなくなったということ。自分の意思ではない不思議な力によって運命を引き寄せているのです。勿論それに伴う人並みはずれた実力があるからこそ現在に繋がっていますが、土屋さんは言っています「理想がないから挫折もなかった」と。



2017 劇団通信7月号

7月2日が私の誕生日です。今年は劇団の主催公演「グローミーアップ」が7月2日に千秋楽を迎えますが、この日を境に私は光輝高嶺者になります。一般的に言われている「後期高齢者」という言葉、「もうあなたの人生おしまいですよ」というような響きがあって感じがよくありません。だから私は敢えて光輝と言おうと心に決めていますが、もっともっと光輝く人生を歩むために出来るだけ高い嶺に向かって登り続けようと思っているからです。

人の寿命は一律ではなく長生きする人もいれば早世する人もいます。誰しもどんなに強い意志を持って長く生きようと思っても思い通りに行くことはほとんどないでしょう。何故ならみんな自分の意思で生まれてきた訳でもないし、自分の意識があるとかないに関わらず例えば眠っている時でも心臓や内臓は休むことなく働き続けていることなどを考えると、私たちは自分の力で生きているのではなく不思議な力によって生かされていることが分かるからです。

天寿を全うするといっても一人一人の寿命が異なるために時間の長さで決められるものではありませんが、私に置き換えて言えばまだまだやることは一杯あるし、大きな夢も持っています。しかしそれを実現するためには持ち時間があまりにも少なく、高い嶺を目指して登っていても途中時間切れで終わってしまうかもしれません。でも肉体は死滅しても劇団に対する私の思いはしっかりと受け継がれていくでしょう。

もう私の運命が終わるような文面になりましたが、慶應義塾大学医学部教授で日本抗加齢医学会理事長の坪田一男先生のご提唱に従えば125歳までは生きられる筈です。